雇用保険には高年齢雇用継続基本給付金の制度がある

50代も半ばになり、定年退職を意識する年齢になってきました。最近定年を65歳まで延長する企業が増えていますが、私が勤務する会社の定年は60歳です。65歳までなら再雇用してもらえますが、給与は減額になると思います。
私としては60歳以降も仕事を続けていきたいですが、今のIT技術者としての仕事を続けるのは難しいと思うので、減額は覚悟しなければなりません。
そういう場合に、雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金というものがあることを、初めて知りました。60歳になる直前六カ月の月給の平均に対して、60歳以降の賃金が75%未満なら支給されるそうです。最大は、61%未満なら60歳以降の月収の15%が支給されるということで、例えば40万円が20万円になったとすれば、20万円の15%の3万円が支給されます。
しかしこういう制度を知らずに何も手続きをしなければ、当然支給されません。月3万円あるかないかは非常に大きいので、この制度を活用しない手はないでしょう。車の査定相場を調べておけば高く売れる

user046

user046 wrote 21 posts

Post navigation