車の買取で起こりえるトラブル

車の買取時にはトラブルが起こるケースもあります。どのようなことがトラブルになりやすいのかを知っておくことで、車の買取時のトラブルを回避することも可能になります。

まず起こりやすいのは、査定で提示された買取金額よりも、実際に振込された金額に差がある場合です。高い金額が振り込まれれば問題はないのですが、多くのケースでは査定時よりも安い金額が振り込まれることでトラブルが起こることになります。

最近では車の買取は出張査定で行われるケースも多く、実際に出張査定では見過ごしてしまう車の瑕疵があるケースもあります。その瑕疵の度合いによっては、出張査定で算出した査定額よりも車の価値が低くなってしまうこともあり、車買取店はその瑕疵による車の価値と、査定額との差がある場合に車の売主には告げずに差額を差し引いた金額で振り込みを行うことがあります。査定額と振込額に差があった場合には、一度問い合わせをして何か瑕疵があったのか、それとも手続きのミスなのかを確かめてみましょう。

次に起こりやすいのは名義変更に関するトラブルです。買い取ってもらったのに翌年車の税金の納税通知書が届いたというようなパターンです。所有権の移転が間に合わずの税通知書が届いてしまうことがあります。このような時には買取店に確認し、納税を買取店に依頼するなど対処していきましょう。

userk001_1704

userk001_1704 wrote 2 posts

Tags

Post navigation